合宿免許のカリキュラムの特徴


免許を取るためには決められたカリキュラムをこなしていくことが大事です。

しかし、カリキュラムは通学制と合宿制で大きく異るポイントがあります。



それは段階の設置と教習車での演習時間です。

通学制の場合は教習車に乗る時間が決められてしまうので学科を進められないことが多くあります。


対して合宿免許では教習車に乗れる時間がとても多いことから学科もどんどん進めることが可能です。



また、教習車での演習で悩む乗越ですが、通学制の場合は当日乗ることが難しいケースが多いのに対し、合宿免許では基本的にその日のカリキュラムはその日に終わらせるように頑張ることができます。

教習車は予約制ですが、通っている人数がすべて教習できるように対応されていることが多く乗越の際にも遅れることはほぼないと考えられています。



合宿免許ではカリキュラムが1日いっぱい行われます。

通学制では数時間通うだけのケースがほとんどですが、一日をかけて教習することで学科、実車演習とどちらも進めることができます。また、仮免試験や卒業検定も随時行われますのでカリキュラムが進んでいる方にとってはどんどん時間短縮ができ、遅れがちの方にとっても最短で終われるように追加の教習が随時行われます。
通学制に比べて学ぼうとすればするほど時間が短縮でき、また、遅れても対応してくれる耐性がとても魅力てきです。
また、これらの費用は基本料金に入っていることが多く、通学制のように乗越のたびに請求されることは少ないです。


Copyright (C) 2016 合宿免許のカリキュラムの特徴 All Rights Reserved.